スポンサーリンク

バレー・イラン戦のレフェリーチャレンジが酷い!?実質イラン側のチャレンジだと炎上!

バレー レフェリーチャレンジ イラン東京オリンピック・パラリンピック
スポンサーリンク

東京五輪・バレーボール男子予選での日本対イランの試合で、イラン側が抗議してレフェリーチャンレンジが行われるという場面が二度ありました。

結果、2回とも日本が失点することになり、ネット上では批判の声が上がり炎上しています。

今回は、バレー・イラン戦での問題のレフェリーチャレンジについて詳しく解説します!

 

スポンサーリンク

バレー・イラン戦のレフェリーチャレンジが酷い!?

バレー レフェリーチャレンジ イラン

引用:Twitter

2021年8月1日行われた東京五輪・バレーボール男子の予選で日本対イランの試合が行われました。

その第3セットの試合中、イランが2回のチャレンジを使い切っているにも関わらず、日本が点を入れた時に抗議しレフェリーチャレンジをさせるという場面が2回ありました。結果、2回とも日本の失点となりました。

これに対し、ネット上では、「主審の意味は?」「叫んだらレフェリーチャレンジってどうゆうこと?」と批判の声があがっています。

バレーボールのチャレンジとは?

審判の判定に対し、ビデオ判定システムを利用して異議を申し立てることです。審判員の肉眼での判定が難しいときや、審判員の判定に異議があるときに、撮影・録画されたビデオ映像(動画)を活用して判定を行います。「チャレンジ」の要求ができるのは監督のみ
監督不在の場合は代わりにチームキャプテンがチャレンジを要求することが出来ます。

1チーム各セット内2回までチャレンジが出来ますが、チャレンジが成功するとチャレンジシステムの回数は減ることはありません。

チャレンジは、主にボールのインかアウトか、ボールへのワンタッチやネットタッチの反則などの判定に使用します。

問題のシーンでは、第3セットで日本とイランが接戦している時でした。

イランが既に第3セット内で2回のチャレンジを使用済だったにも関わらず、際どいラインで日本の得点が入ったときにイラン側が審判に猛抗議した結果、レフェリーチャレンジが行われるという場面が2度ありました。

そのレフェリーチャレンジによって、日本は2点失点し、結果第3セットを落とすことになってしまいました。

実際に、イラン戦でレフェリーチャレンジが行われた動画がこちら↓

バレー・イラン戦のレフェリーチャレンジは実質イラン側のチャレンジ!?

抗議するたびに、レフェリーチャレンジが行われ、「実質イラン側の無限チャレンジになっている!」と、ネット上では審判に対し批判の声が上がっていました。

その試合では、日本側のサーブのときにイラン側のブーイングがひどく、妨害していたにも関わらずその点については何も言わなかった審判に対してなおさら批判の声が上がったのです。

https://twitter.com/TZSdR0ZVmwDGpZ7/status/1421827876400242691?s=20

ネットの反応は?

まとめ

バレー レフェリーチャレンジ イラン

引用:Twitter

今回は、東京五輪・バレーボール男子予選のイラン戦で、イラン側が抗議してレフェリーチャンレンジが行われる問題のシーンについてご紹介しました。

結果、イラン戦は日本が勝利しましたが、主審のいる意味をしっかりと再確認してほしいですね!

 

 

タイトルとURLをコピーしました