スポンサーリンク

玉井陸斗は声変わりした?かわいいからイケメンへと成長!

玉井陸斗 声変わりスポーツ
スポンサーリンク

今回は、男子高飛び込みでオリンピック出場が決まった期待の超新星、玉井陸斗選手はまだ中学生です。
あどけない笑顔はまだ中学生らしく、かわいい!と評判でしたが、声変わりしてイケメンへと成長したように見えますね!

今回は、玉井陸斗選手の声変わりについて詳しくみていきましょう!!

 

スポンサーリンク

玉井陸斗は声変わりした?

2021年5月現在、中学3年生の玉井陸斗選手ですが、声変わりしたと言われています。

声変わり前と後の玉井陸斗選手をみてみましょう!

声変わり前の玉井陸斗選手

2019年4月に日本室内選手権でシニアデビューした、玉井陸斗選手は12歳(中学1年生)で史上最年少優勝をかざりました。

中学1年生だった玉井陸斗選手は、表彰台で中央に立っても両脇の萩田拓馬選手(左)と、大塚千誠選手(右)の肩までしか身長がなかったんですね!

 

こちらの動画は、2019年度の兵庫県スポーツ優秀選手賞の表彰式での玉井陸斗選手です。

このときは、まだ声変わり前でした。

兵庫県スポーツ優秀選手賞表彰式 男子高飛び込み最年少優勝の玉井選手も

声変わり後の玉井陸斗選手

中学3年生となった玉井陸斗選手は、2021年5月の飛び込みワールドカップで、大技”109C”を成功させ、東京五輪への出場内定を掴みました。

“109C”とは?

「前宙返り4回転半抱え型」のことで、
助走しながら高く飛び上がり、膝を抱えて4回転半する華麗な大技。
引用:NHK東京2020オリンピック

 

飛び込みワールドカップの時は、既に声変わりしていたようです!
飛び込みワールドカップ直後の、玉井陸斗選手の動画がこちらです。

飛び込みワールドカップ 玉井陸斗 大技への挑戦 "前宙返り4回転手抱え型 決勝

声変わりして、体も大きくなり、この数年での成長がよくわかりますね!

スポンサーリンク

玉井陸斗かわいいからイケメンへと成長!

12歳で日本室内選手権に初出場したときは、まだあどけなさが残っていてかわいい!と言われていた玉井陸斗選手ですが、現在は声変わりもして、イケメンへと成長したようですね!

スポンサーリンク

ネットの声

スポンサーリンク

まとめ

今回は、玉井陸斗選手の声変わりについて紹介しました。

飛び込み界のイケメンとして、今後も注目したいですね!!

タイトルとURLをコピーしました