スポンサーリンク

[動画]サッカー南ア戦で酷かった審判は誰?不利なジャッジが多い理由がヤバすぎ!?

スポーツ
スポンサーリンク

2021年7月22日、東京オリンピック男子サッカー 日本vs南アフリカ戦での審判が酷すぎるとネットで話題となっています。

その酷すぎる審判は誰だったのでしょうか?

おかしいジャッジが出た動画もふまえながら、ご紹介します。

 

スポンサーリンク

サッカー男子南アフリカ戦で酷かった審判は誰?

サッカー男子 審判 南アフリカ戦

東京オリンピック・男子サッカー初戦で、2021年7月22日に日本vs南アフリカ戦の試合がありました。

日本は、南アフリカの固い守備に苦戦しながらも、後半71分に久保建英選手がゴールを決め、1-0で日本が勝利しましたね!

試合結果は勝利で良かったものの、この試合での審判のジャッジが明らかに日本に不利なジャッジが多く、ネット上では、この審判に対する批判の声が多数あがっていました。

その酷すぎる審判は一体誰なのでしょうか?

男子サッカー初戦の日本対南アフリカ戦の主審は、ジーザス・ヴァレンズエラさんで、ベネズエラ人の方のようです。

サッカー南アフリカ戦の審判が日本に不利なジャッジが多かった理由がヤバすぎ!?

サッカー男子 審判 南アフリカ戦

引用元:https://2020.yahoo.co.jp/event/fb/genre/event-football-men/result/GPA-/detail/000200–/text

サッカー初戦での審判のジャッジが明らかに南アフリカ寄りだったため、
ネット上では、”審判、買収されているのか!?”という声が多数あがっていました。

それほど、日本に対して不利で南アフリカ寄りのジャッジが多かったと思う人が多かったということのようです。

ですが、この主審のジーザス・ヴァレンズエラさんは、どの試合でもイエローカードをたくさん出す審判のようです。。。

次に、実際に日本が受けた不利なファウルのシーンをご紹介します!

【動画】サッカー男子南アフリカ戦での誤審シーン

サッカー南アフリカ戦での、日本が受けた不利なファウルのシーンがこちらです。

南アフリカ選手のレッドカードレベルの行為がファウル無し

南アフリカの選手が後ろから日本の選手に対して後ろからファウル行為をしていますが、審判はファウル無しの判定でした。

https://twitter.com/03FRubT4pUkdANS/status/1418195941257998338?s=20

審判がボールに触れたことで、南アフリカボールに

 

堂安律がイエローカード

https://twitter.com/midnight_walk08/status/1418185780942409732?s=20

 

日本ベンチにもイエローカード

本試合では、日本のベンチにもイエローカードが出ています。

ネットの声

https://twitter.com/777shiryu/status/1418192132045643780?s=20

https://twitter.com/kenshi_0512/status/1418199564037722115?s=20

https://twitter.com/vkook0115/status/1418204592089702405?s=20

 

まとめ

東京オリンピック男子サッカー初戦の南アフリカ戦での酷すぎる審判についてご紹介しました。

国際試合という舞台で、審判には公平にジャッジをしてもらいたいものですね!

 

タイトルとURLをコピーしました