スポンサーリンク

大坂なおみが客席にボール打ち込んだ動画がヤバい!?暴力的で警告でなく失格にすべきとの声

大坂なおみ 観客席 ボール打ち込みスポーツ
スポンサーリンク

テニス・全米オープン第5日で、大坂なおみ選手が18歳のカナダのフェルナンデス選手に逆転負けしました。

その試合で大坂なおみ選手は、またラケットを破壊し、更にボールを客席に打ち込んだと報じられました。

大坂なおみ選手が客席にボール打ち込み、警告を受けたシーンの動画をご紹介します。

 

スポンサーリンク

大坂なおみが客席にボール打ち込んだ動画がヤバい!?

大坂なおみ 観客席 ボール打ち込み

全米オープン第5日で、大坂なおみ選手が格下のレイラ・フェルナンデス選手に逆転負けしました。

 テニスの4大大会「全米オープン」の女子シングルス3回戦が3日(日本時間4日)に行われ、世界ランキング3位の大坂なおみ(23=日清食品)が同73位のレイラ・フェルナンデス(カナダ)に7―5、6―7(2―7)、4―6で敗戦。
試合中に感情を爆発させるシーンがあった。
引用:東スポ

その感情を爆発させたシーンの動画がこちら。

ラケットを投げつける行為について、中継したテレビ局の解説陣からは「残念な行為」「観客がいるので控えた方がいい」との指摘があったようです。

ボールを客席に打ち込んだ後、解説者の残念な声が聞こえています。

ボールを打ち込んだ行為について、大坂なおみ選手は審判から警告を受けました。

今回、大坂なおみ選手の問題となった行動をまとめると

・何度もラケットをコートに投げつける
・観客席に向かってボールを強打
・ラケットをケースにしまわず退場

今回の大坂なおみ選手の問題行動について、ネット上では批判の声があがっています。

大坂なおみは暴力的で警告でなく失格にすべきとの声

大坂なおみ 観客席 ボール打ち込み

引用:東京スポーツ

観客席にボールを打ち込んだことで、審判から警告を受けた大坂なおみ選手ですが、ネット上では

「警告だけ!?」「失格にすべきでは」との声が上がっていました。

これまでのラケット破壊行為以上に、今回の観客席へのボールを打ち込んだ行為は批判をあびています。

大坂なおみ選手自身も、試合後のインタビューでこのように語っています。

「チャレンジャーでいることは好きだが、最近は自分の思う通りに行かなくなると、とても不安になってしまい、それが他人にも分かってしまう。どうしてそうなってしまうのか、今は理由が分からない。小さい子供のよう」
引用:スポーツ報知

最後は涙を浮かべながら、”テニスから少し離れる”と語った大坂なおみさん。

自分の感情が抑えられずに、多くの人が見ていたコート上で行ってしまった行為については反省すべきところかもしれませんが、少し休養して精神的にも休息をとったほうがいいのかもしれません。

ネットの反応は?

まとめ

大坂なおみ 観客席 ボール打ち込み

引用:SankeiBiz

テニス・全米オープン第5日で、大坂なおみ選手が客席にボール打ち込み、警告を受けたシーンの動画をご紹介しました。

一気に頂点に上り詰めた彼女は負けることに慣れていなかったのかもしれません。

実力のある選手ですから、大坂なおみ選手には、静養中しっかり心も体も休めて、精神的にも強くなって戻ってきてほしいですね!

 

タイトルとURLをコピーしました