スポンサーリンク

森且行選手の入院している病院はどこ?復帰はいつ頃になるか?

森且行 事故ニュース
スポンサーリンク

元SMAPの森且行選手が、オートレース中に他選手と接触し落車して救急搬送されました。

森選手が入院している病院はどこなのでしょうか?
復帰はいつ頃になるのでしょうか?

現状、わかることをまとめてみました。

 

スポンサーリンク

森且行選手の入院している病院はどこ?

森且行

出典:ABEMAニュース

森且行選手は、2021年1月24日に福岡県の飯塚オートレース中に事故に遭い、緊急搬送されました。

画面左から2番目のオレンジ色7号車が森且行選手です。
第1コーナーまわった後に、バランスを崩した6号車の新井恵匠選手を避けきれずに落車してしまったようです。

その後、森且行選手は福岡県内の病院に救急搬送されました。
救急車に乗り込む際、「痛いけれど、心配しないで」と、容体を心配して集まった選手たちに答えていたそうですが、森選手の体の状態が心配ですね。

命に関わるような怪我は主催者が発表するそうですが、今回は発表がありませんので、命に別状はないものと思われます。

森且行選手はどこの病院に入院しているのでしょうか?
レースがあった場所は、福岡県飯塚市の飯塚オートレース場です。

飯塚オートレース場近辺の大きい病院というと、

・飯塚病院
・飯塚市民病院
・明治記念病院

あたりでしょうか。

ちなみに飯塚病院は、政治家の麻生太郎氏のファミリー企業が経営している総合病院です。
飯塚オートレース場からも近いので、飯塚病院に搬送された可能性は高いですね!

追記:公益財団法人『JKA』が、2021年2月9日に発表した内容によると、森且行選手は負傷後、福岡県内の病院に搬送され、その後に都内の病院へ転院したそうです。
よって、現在は、都内の病院に入院しているものと思われます。

 

森且行選手の復帰はいつ頃になるか?

 

森且行選手は、検査の結果、骨盤を骨折していることが判明したそうです。

命に関わるような怪我は主催者が発表するそうですが、今回は発表がありませんので
命に別状はないものと思われますが、骨盤骨折となると重症であることは間違いありません。

骨盤骨折は、交通事故、墜落外傷等の大きな外力が加わった時におこります。
症状として、すわれない、自力で体を動かせない等の激痛を伴う症状がみられます。大きく分けて、寛骨臼(かんこつきゅう)骨折と骨盤輪(こつばんりん)骨折の2種類の骨盤骨折があります。股関節は、骨盤側の寛骨臼と大腿骨側の大腿骨頭の2つの関節面が接してできています。つまり寛骨臼骨折とは股関節の関節内骨折です。
骨盤輪骨折は寛骨臼骨折を除いた骨盤骨折です。
引用:日本整形外科学会

 

全治は不明ですが、自力では歩けない状態だと思われますので、当分入院することになるでしょう。
今後の復帰予定も現段階では不明でした。

骨盤骨折は、症状によっては、足に麻痺が残ったりすることもあるそうなので心配ですね。

森選手は2020年11月に、SG日本選手権オートレースで初優勝を飾ったばかりでした。
しっかりと療養して、元気な姿でレースに復帰してほしいですね。

追記:公益財団法人『JKA』が、2021年2月9日に発表した内容によると、森且行選手は診察の結果、骨盤骨折、腰椎骨折の診断を受け、この日まで計3回の手術を受けたことが分かりました。
手術は無事終了し、今後は治療に専念するが、年内の復帰は難しい状況のようです

スポンサーリンク

ネットの声

骨盤骨折という大怪我に、ファンからは心配の声があがっています。

スポンサーリンク

まとめ

森且行

森且行選手が、オートレース中に接触した事故で入院した病院や怪我の症状についてまとめました。

3度の手術も無事に終わって、今は無理せずにゆっくり治療に専念してほしいですね。
また森且行選手の元気な姿を見れるのを楽しみにしています!

 

タイトルとURLをコピーしました