スポンサーリンク

柔道混合団体モンゴル先鋒が態度悪すぎ!?相手選手を流血させた試合がヤバい!

柔道混合団体 モンゴル 態度東京オリンピック・パラリンピック
スポンサーリンク

東京オリンピックで新種目となった柔道混合団体準々決勝で、モンゴルとロシアが対戦しました。

先鋒で戦ったモンゴル選手の態度が悪いとネット上で話題となっています。

しかも相手選手に怪我をさせて、試合内容にも物議を醸しています。

その問題となった柔道混合団体のモンゴル対ロシアの試合についてご紹介します。

 

スポンサーリンク

柔道混合団体モンゴル先鋒が態度悪すぎ!?

柔道混合団体 モンゴル 態度

2021年7月31日に、東京五輪・柔道混合団体の準々決勝で、モンゴルとロシアが対戦しました。

先鋒で戦ったのは、モンゴルのスミヤ・ドルジスレン選手とロシアのダリア・メジェツカヤ選手でした。

その試合で、モンゴルのスミヤ・ドルジスレン選手の態度が悪いとネット上で話題になっています。

柔道混合団体 モンゴル 態度

その試合を見た視聴者からは、スミヤ選手の闘い方や、振る舞いに批判の声があがっています。

スミヤ選手が批判されていることをまとめると

・闘い方が荒い
・態度が乱暴
・相手に敬意を払っていない
・試合後に握手も礼もしなかった
・スポーツマンシップの欠片もない
柔道で闘うという姿勢が、見えませんでしたね。
スミヤ選手は、態度も闘い方も乱暴なようでした。
ちなみにモンゴルのスミヤ選手は、リオ五輪・柔道女子57kg級で、ロンドン五輪金メダリストの松本薫さんを開始24秒で背負い投げで一本を取ったという記録をお持ちの方です。

柔道混合団体モンゴル先鋒が相手選手を流血させた試合がヤバい!

柔道混合団体 モンゴル 態度

東京五輪・柔道混合団体の準々決勝で、モンゴルとロシアが対戦し、先鋒で戦った、モンゴルのスミヤ・ドルジスレン選手とロシアのダリア・メジェツカヤ選手の試合で、ダリア選手が口元を切って流血しながらも試合をしている様子が放送されました。

途中に審判の指示で、ダリア選手は試合中に2度途中退出しています。

2度目に戻ってきた際は、口元に包帯をしていました。

柔道混合団体 モンゴル 態度

そんな、ダリア選手に対して終始攻撃的だったスミヤ選手。

スミヤ選手が明らかにダリア選手の顔を狙っていくようなるような場面も見受けられたようです。

柔道試合後には、選手同士が握手するのですが、スミヤ選手は握手もせずに退場してしまいます。

その態度にも、ネット上では批判の声があがっています。

ネットの反応は?

https://twitter.com/across7seas/status/1421328747421073411?s=20

まとめ

柔道混合団体 モンゴル 態度

東京オリンピック、柔道混合団体の準々決勝で、先鋒のモンゴル選手に対して批判があがった試合についてご紹介しました。

見ていて、ハラハラする試合でしたね。

柔道で顔を狙うのって、どうなんでしょう??

タイトルとURLをコピーしました