スポンサーリンク

野球初田アナの実況が酷い!解説の宮本さんとも噛み合っておらず苛々するとの声!

野球 初田アナ 実況 酷い東京オリンピック・パラリンピック
スポンサーリンク

東京五輪・野球の日本対アメリカの試合で、初田アナの実況が酷い!とネット上で話題となっています。

解説者の人とも噛み合っておらず、視聴者からは怒りの声が出ていました。

今回は、東京五輪・野球の日本対アメリカ戦での初田アナの実況についてご紹介します。

 

スポンサーリンク

野球初田アナの実況が酷い!

野球 初田アナ 実況 酷い

引用:Twitter

2021年8月2日行われた、東京五輪・野球 決勝トーナメント準々決勝での日本対アメリカの試合で、実況はTBSアナウンサーの初田啓介アナ、解説は元プロ野球選手の宮本慎也さんで行われました。

このアメリカ戦での初田アナの実況が酷い!とネット上で話題となっています。

どのような実況だったのでしょうか?

簡単にまとめると、

・坂本勇人選手のタイムリーツーベースをホームランと勘違い
・内野安打を内野ゴロと言ってしまう
・フェンスのことをネットと言ってしまう
・決勝トーナメント日程も覚えていない

 

初田アナが、ホームランと間違えた坂本勇人選手のタイムリーツーベースのシーンをご紹介します。

坂本勇人選手のタイムリーツーベースをホームランと勘違い

坂本勇人選手のタイムリーツーベースをホームランと勘違いした初田アナは

「伸びた!入った!ホームラーーーーーン!」と叫んでいました。

その際は、宮本さんが「違います」と冷静に答えていました。

https://twitter.com/rmaiyan0820/status/1422162238366838789?s=20

初田アナは、2016年の日本シリーズ第1戦の生中継でも実況を担当し、ミスを連発するという過去がありました。

初田アナは長く実況を担当されていますが、実は実況がそこまで得意でなはいのでしょうか…?

スポンサーリンク

野球実況初田アナと解説の宮本さんが噛み合っていない!?

野球 初田アナ 実況 酷い

左:実況の初田アナ、右:解説の宮本慎也氏

初田アナは、1993年からアナウンサーとして活躍されており、日頃からスポーツ中継を担当しており、プロ野球やK-1などの実況も担当しているベテランアナウンサーです。

そんな初田アナが、解説の宮本慎也さんが全く噛み合っていない!との声がネット上であがっています。

坂本勇人選手がタイムリーツーベースで得点を入れた際も、「この打球がネットの…」と言いだした初田アナに対し、宮本さんが冷静に「…フェンスです」と突っ込む場面もありました。

宮本さんの声のトーンが少し怒っている?呆れている?ようにも聞こえる気がしますね。。

 

https://twitter.com/nakajiynamakoji/status/1422181262056333313?s=20

 

もちろん、解説の宮本さんが間違えることもあり、初田アナがフォローするような場面もありました。

スポンサーリンク

ネットの反応は?

https://twitter.com/chapati88/status/1422182740280021002?s=20

https://twitter.com/9kyusyu/status/1422172796885487618?s=20

https://twitter.com/marine_gamezuki/status/1422180259336638477?s=20

 

スポンサーリンク

まとめ

東京五輪・野球準々決勝の日本対アメリカの試合で初田アナの実況が酷い!と言われている試合について調査しました。

結果は、日本代表がノックアウトステージ第2ラウンドで延長戦の末、アメリカ代表にサヨナラ勝ちし、 準決勝に進出しましたね!

とてもいい試合でしたね!

このまま勝ち進んでほしいですね!

タイトルとURLをコピーしました